2023年度 マイクロメカトロニクス学術講演会 講演募集のお知らせ

主催
一般社団法人 日本時計学会
協賛
一般社団法人 エレクトロニクス実装学会公益社団法人 応用物理学会公益社団法人 計測自動制御学会公益社団法人 精密工学会一般社団法人 電気学会一般社団法人 電子情報通信学会一般社団法人 日本機械学会公益社団法人 日本磁気学会公益社団法人 日本設計工学会一般社団法人 日本ロボット学会(全て予定)
期日
2023年9月15日(金)
会場
中央大学理工学部(後楽園キャンパス)
〒112-8551 東京都文京区春日 1-13-27
※ 新型コロナウィルス対策のためハイブリッド形式での実施を予定しておりますが、
状況に応じてWeb開催に変更、あるいは、中止となる可能性があります。
申込締切
2023年7月24日(月)必着
必要事項(1.講演タイトル、2.講演概要(50字前後)、3.著者と所属、4.登壇者と登壇者の会員資格の有無 、5.連絡先(氏名、所属、電話番号、E-mailアドレス))を記入の上、E-mailにてお申し込み下さい。
※C者は、原稿に記載する予定の順番に、全員の氏名と所属を記載してください。
原稿締切
2023年8月21日(月)必着
原稿は電子ファイル(PdfまたはWord形式)を下記メールアドレスまで添付ファイルとしてお送り下さい。なお、原稿は白黒で印刷されます。
講演料
講演は無料です。(学術講演会参加費は必要です)
講演原稿
1講演あたり講演原稿はA4サイズ2段組で2ページまたは4ページとします。言語は日本語または英語とします。
講演形式
口頭発表(1件20分*を予定)*15分発表、5分質疑。申し込み件数によって変更される場合があります。
申し込み及び
問い合わせ先
中央大学 理工学部 精密機械工学科 土肥 徹次
〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27  Fax:03-3817-1820
E-mail: tokei@msl.mech.chuo-u.ac.jp
ホームページ:http://hij-n.com/
発表の条件
登壇者は(社)日本時計学会会員または賛助会員であることを原則とします。講演内容は著者の原著であり、ほかの学術刊行物に未発表のものに限ります。講演の採否は学会に一任願います。なお、学会参加費振込時に入会手続きも同時にできるよう検討中です。
日本時計学会
ベストプレゼン
テーション賞
について
2018年度のマイクロメカトロニクス学術講演会より、時計関連研究の研究者を奨励するため、日本時計学会ベストプレゼンテーション賞を設けることになりました。
詳細につきましては、日本時計学会ホームページにてご確認ください。

このページの先頭に戻る